This Archive : 2010年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キックの鬼ぎんちゃん

新カメラ操作で苦戦中の傍らに撮った、旧カメラ画像での最期の更新かも。

             \キリッ
287.jpg
のりたま、カメラ意識中。
ヒーターを挟んだケージとケージの間を、ぎんちゃんが巣と勘違いするので
詰め物(バスタオル)をして何とか防いでおります。

288.jpg
「なかにはいりたいわぁ!(ごそごそ)」 させません!おもちゃで阻止!

289.jpg
カキカキしているし、ここでひとつ仲良し動画でも撮ろうと思ったんですがね。


この有様ですよ! ぎんちゃんの すごい キックのラッシュ!
どうしてそれぞれ同じおもちゃ与えても、互いのを欲しがるんだろう。

290.jpg
「のりたまにも、くれろ~」 「や~よ」

291.jpg
「もうこれでいいもん!」 
のりたま、とうとうすねくりかえってしまいました。

基本この二羽は仲良しなんですが、ふとした拍子にこうした小競り合いをおっぱじめます。
お正月に実家へ連れて行った時、荷物になるから1つのケージで一泊過ごしてもらおうかな…と思ったんですが、このちょっとしたケンカでも大事になってしまうのが怖くてやめました。
この二羽が一緒に過ごすのは、定期健診往復時のキャリーだけです。
スポンサーサイト
Category : 未分類 / Comment : 0
Theme : 小鳥大好き / Genre : ペット


寒くてアンニュイのりたま

292.jpg

ここ数日、最高気温がずっとマイナスでたいへん寒うございます。
だいたい週に一度あるかないかの頻度ではありますが、
夜になるとカバーをかけたケージの中から
「……プス…プスプス……」と、かすかな音が聞こえるので
(餌つまんでいる音にちょっと似てたりするんですが)
中を確認したら、たいがいのりたまがハナタレになっています。

う~ん、決して寒すぎない温度設定にしてるのですが。
むしろカバーでケージを覆っているから、保温的には申し分ないはず。
これはのりたまが、寒い季節にずっとぬくぬくのヒナライフを過ごした、冬生まれだからかなぁなんて考えたりも。
ちょっと気温の低い部屋で放鳥しただけで、体全体モコモコにはならないまでも、羽根が小刻みに震えてしまう始末。

293.jpg
「あたたかいくにのトリだもの~


一方、春生まれぎんちゃんは初めて迎える冬ながら、ハナ垂らしてるのを見た事がありません。
同じ気温の中過ごしていてもこうまで違うのは、やはり個体差ですね。

2月は一年の中で特に冷え込む月なので、風邪をひかせてしまわない様に注意しなくては~。
Category : 未分類 / Comment : 4
Theme : 小鳥大好き / Genre : ペット


また別居

294.jpg
「カキカキして~  「あいよ~」

ここ数日間、ケージ隣同士で1つのヒーターを共有していたのですが
以前のようにそれぞれ一つずつヒーターを設置してケージを離す事にしました。
ケージを隣り合わせたこの僅かなスキマ↑でも、ぎんちゃんが巣扱いしてぎゅうぎゅう入ろうとするのです。
なので、ぎんちゃん引っ越しな!

296.jpg
「このモモヒキにめんじて、なんとかみおくりにしてよ~!」
モモヒキは魅力的ですが、まどわされないよ!

295.jpg
「また、はなればなれなのね~」

まぁ、これでもあげるからがまんしてよ。
297.jpg
「ギャッ★」   「ぎんちゃん、こわこわ…」



もぐらたたきゲーム状態のぎんちゃんと、キツツキと化したのりたま。
ちょうど空になってので与えてみたところ、気に入るかと思いきやサッサと飽きられました(笑)。
Category : 未分類 / Comment : 4
Theme : 小鳥大好き / Genre : ペット


ぎんちゃんのヒナ返り

298.jpg
「エサちょうだい~エサエサ~」 「また~?」
今日も今日とて、ぎんちゃんはのりたまにエサプレゼントの催促。
放鳥中に腹ペコになるといつもこうです。

299.jpg
↑それを見守るポンデライオン(具無し)                 ↑具


実はここ数日前から、のりたまから吐き戻しをもらう時にぎんちゃんがピキャピキャ鳴くのです。



最初見た時、具合悪い?と焦ったんですが
この羽根をパタパタさせている様子からしてヒナ返り?なんですかね。
だとしたら、なんてかわゆらしい!
ママインコ、あるいはショップの店員さんでも思いだしてるんでしょうか。
こんな鳴き方するの、こうしてのりたまからエサプレゼントされてる時だけです。
エサプレゼントとは言え、当ののりたまはフィーバー状態でドッサリ吐くわけではなく、いつも2~3粒程度しか出しません。小出し小出し。

しかし、この光景は鳥の生態に詳しくない人には抵抗があるものらしく、
正月に2羽を実家に連れて帰った際、母親がこの吐き戻しの様子にたいへんショックを受けていました。
「動物のお医者さん」でナルちゃんの吐き戻しを見た時のお祖母さんそのままの反応(「kitanai!!」)だったなぁ。トホーン。こんなにかわいいのによう。
Category : 未分類 / Comment : 7
Theme : 小鳥大好き / Genre : ペット


幕末タイムスリップ

あるつてにより、コザクラインコの最古と思われる写真を数枚入手したのでご紹介します。

huru1.jpg
写真の痛みなどからして、撮影時期は幕末~明治初期の様です。
福岡銘菓「ひよ子」を彷彿とさせる、愛らしい佇まいですね。

huru2.jpg
こちらはお帽子がくっきりとした美人さん。
白黒なので、色がわからないのが残念ですね。

huru3.jpg
……最古と言う割には、床やお皿がちょっと近代的すぎやしませんか?

huru4.jpg
「もうウソだってバレてるきがするんだな」      「だよね~」

ええ、勿論最古とか大嘘ですから!
過去の写真で、昔ハマった「幕末古写真ジェネレーター」で久々に遊んでみました。
うちのインコズでも、こうして充分古い雰囲気が出せますが、
文鳥をはじめとするフィンチに竹かごの組み合わせだと、もっとそれらしい写真になるかも?
Category : 未分類 / Comment : 2
Theme : 小鳥大好き / Genre : ペット


プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

参加中

最新コメント

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © たけのす All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。