スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マタネチーぎんちゃんその後

ぎんちゃんのお腹のふくらみを確認してから一週間経ちました。
209.jpg

ぎんちゃん、卵はどうなったの?
210.jpg
「あ~、あれね…」

211.jpg
「やめちゃった」

えええ~。

いつお腹越しに卵が確認できるんだろうと思っていたのですが、いっこうにそんな様子もなくお腹がぷよぷよのまま。
先週水曜日あたりから溜めフンが通常サイズになってゆき、
お腹&お尻のふくらみも、ぺたんこになってしまいました(お尻はまだ普通よりちょっと目立つ大きさかな?)。
体重も一日1gずつ減ってゆき、現在48g。通常時の体重46gに戻りつつあります。

私てっきり産卵準備モードになると、近いうちに『必ず』卵が産まれるものと覚悟していたのですが、
こうして途中でナシになる事があるのですね。
なんでも殻形成に時間がかかるため、その間に環境次第で発情が止む事があるそうです。

もう気が気ではなくて、初心に帰って手元の飼育書、特に産卵まわりのページを執拗に読み直し
女の子インコを飼われている方の日記など沢山読ませてもらいました。
やはり産卵を見届けた方の体験に基づく記録は、たいへん参考になります!

で、ぎんちゃんが産卵やめてしまった原因はなんだろうと推測すると。

1、 ぎんちゃんに集中して保温させたいため、隣ののりたまケージをよそに移した
2、 ヒーターをケージ内に設置したついでに模様替えした
3、 無精卵でも産む場所は確保させた方がいいのかと放り込んだ皿巣が気に食わなかった
4、 手乗りじゃないので、毎日のお腹&お尻チェックがストレス

…なんか私が産卵する環境のために良かれと思ってやった事が、ことごとくぎんちゃんの気に障った様です(笑)。
別に物を置いて邪魔したわけでもないのに、巣と勘違いしていたケージ左奥にも行かなくなりましたし。
模様替えの効果ってすごいのかも?
まぁ、孵るアテのない無精卵を消耗させてまで産ませる気はないので、結果オーライでした。
今後もいたずらに発情しないよう、気を付けたいです、はい。

212.jpg
「なんだか からだがかるいの」

今度定期健診に行く時は、産卵周りの詳しい事を先生に訊いてくる事にしよう~。
Category : 未分類 / Comment : 2


Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/12/29(火) 17:56:33 | | #[ 編集]
こんにちは!
う~んお互いメスの子をもつと大変ですねi-229
飼育書の類だと、産卵でもまず孵化を前提とした事しか書いていないので
こういう事もあるのはビックリでした。
あんなに食べていたボレー粉は一体…!

今度改めて先生に産卵の事を訊いてきます。
その時はまたココに書くかと思いますので、よろしければご覧くださいv-521
2009/12/30(水) 10:01:29 | URL | たけ #-[ 編集]

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

最新記事

月別アーカイブ

参加中

最新コメント

お気に入りブログ

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

Illustration by ふわふわ。り ・・・ Designed by サリイ
Copyright © たけのす All Rights reserved  /  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。