たけのす

コザクラインコの 『のりたま』 『ぎん』 と 『たけ』 の二羽&一人暮らしの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くてアンニュイのりたま

292.jpg

ここ数日、最高気温がずっとマイナスでたいへん寒うございます。
だいたい週に一度あるかないかの頻度ではありますが、
夜になるとカバーをかけたケージの中から
「……プス…プスプス……」と、かすかな音が聞こえるので
(餌つまんでいる音にちょっと似てたりするんですが)
中を確認したら、たいがいのりたまがハナタレになっています。

う~ん、決して寒すぎない温度設定にしてるのですが。
むしろカバーでケージを覆っているから、保温的には申し分ないはず。
これはのりたまが、寒い季節にずっとぬくぬくのヒナライフを過ごした、冬生まれだからかなぁなんて考えたりも。
ちょっと気温の低い部屋で放鳥しただけで、体全体モコモコにはならないまでも、羽根が小刻みに震えてしまう始末。

293.jpg
「あたたかいくにのトリだもの~


一方、春生まれぎんちゃんは初めて迎える冬ながら、ハナ垂らしてるのを見た事がありません。
同じ気温の中過ごしていてもこうまで違うのは、やはり個体差ですね。

2月は一年の中で特に冷え込む月なので、風邪をひかせてしまわない様に注意しなくては~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。