たけのす

コザクラインコの 『のりたま』 『ぎん』 と 『たけ』 の二羽&一人暮らしの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく読み終えました

「山椒茶屋 インコはじめました」
san.jpg

のりたまと暮らし始めてから、元々ブログの方を楽しみに日参していたのですが、めでたく書籍化され先週購入。
ブログでは前後していた内容も、山椒ちゃんヒナ時代から成鳥へと時系列がまとめてあるので読みやすくなってます。
セキセイインコでなくとも、小鳥を飼っている方なら「あるある」と共感する所多々あって、とても楽しく可愛らしい漫画です。
(私個人としてはインコ抜きにしても、女一人暮らし&食欲旺盛な部分が「あるある」と共感する所多いですが/笑)

326.jpg
改めて今回山椒ちゃんお迎えのくだりを読んでいて、去年初めてのインコ、のりたまをお迎えした時の事を思い出しました。
↓私が一番共感したのは、実はこの部分かもしれません。作中のセリフを借りますが

「もう後戻りできない 生き物がこの中に入ってるって なんかすごいことだなぁ!」

当時のりたまをお迎えの予約をした時、もうまさに「後戻りできない」と思いましたし、
緊張し通しで一週間後、キャリーで連れ帰る時は鞄越しに「この中にインコがいる!」と妙に興奮したものでした。
読んでいて一緒にドキドキしてしまう始末ですよ!

327.jpg
「のりたまも あのひはドチドチしたなぁ」
のりたまも遠い目をしています(笑)。

ところで冷蔵庫の裏に行ってしまった漫画の、山椒ちゃんのつぶやきの元ネタがどうしても思い出せないのでした。
一昔前の漫画だった気がするんだけどなぁ…。
書き下ろしの大根カレーは、今晩作ってみたらとても美味しかったのです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。